ビーグレンのエイジングケア用美容液「Cセラム」でたるみ肌を引き締める

IMG_0071
ビーグレンのエイジングケアをフルラインでお試しできるなんて、とっても幸せ!私って幸運だわ、ラッキーガール♪と喜んでいました。(ガールかどうかは、そっとしておいてください。)

でも、この美容液「Cセラム」ちゃんは、ちょっと面倒な子なんです。

加齢に伴うお肌のたるみを引き締め、弾力を与え、なんと!ニキビや毛穴の悩みにも対応してくれる↑優秀な子♪

なのに、

お昼は日焼け止めや紫外線防止効果のある製品と一緒に使わなくてはいけない↓という弱点があるんです。

普通に考えれば、SPF表示のあるファンデーションを使えば一発で解決するのに、外出しない日はすっぴんで過ごす私にとっては重荷に思え、朝のお手入れはCセラムちゃんに休んでもらうこともありました。

でも、本当にそれで良かったんでしょうか?むむむ。

中年女性が渇望している「重力と戦う力」を与えてくれる美容液なのに!

ほうれい線とかできたって知らないからねっ、ぷんぷん。

はっ!ごめんね、Cセラムちゃん。朝ちょこっとの手間だよね。これから毎日、CセラムちゃんとUVファンデーションを使うよ。そうだそうだ、そうしよう~♪

チャレンジ続けて使ってみた感想♪

IMG_0185
「Cセラム」は、透明の美容液です。

肌を整える成分「ピュアビタミンC」配合で、皮脂の分泌量が抑えられるので、肌が乾燥した感じを受ける人もいるそうです。私は、どちらかというとオイリー肌っぽいので、かさつく感じは全然してません。

使用感は、ほんのり温かくなって不思議~。香りは、フレッシュな柑橘系。テクスチャはオイルな感触なのに、仕上がりはさらっとしてます。

そう、弾力も欲しいし、たるみは引き締めたいし、ニキビはめったに出ないけど、毛穴が見えなくなるぐらいの透明感、欲しいです、切実に!

これからは、面倒がらずに使い続けたいと思います。エイジングケアライン4点セットは、ひとつひとつに意味があるんですよね。

引き締める美容液「Cセラム」とは

ここで、ちょっとおさらいです。

Cセラムは、浸透テクノロジーQuSome®を採用し、整肌成分である「ピュアビタミンC」を角層の奥までしっかり浸透させ、さまざまな肌の悩みにアプローチします。皮脂のバランスを整え、弾力と透明感のあるすこやかな肌へ導く美容液です。

QuSomeとは?

QuSome[キューソーム]は、ドラッグデリバリーシステム(DDS)の第一人者ブライアン・ケラーによって開発された、独自のサイエンステクノロジーです。

美肌成分を超微小カプセルに包み込み、角層の奥まで浸透させることを可能にしました。

Cセラムを使用していて、肌が突っ張ったような感じがしてきたら?

それが乾燥によるものなら、保湿を強化してください。

乾燥ではない場合、お肌に弾力がもたらされ、若い頃のハリがよみがえったんですよ♪

重力に逆らって、いつも笑顔でいきましょう~。

Cセラムの成分について

cs1

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7

美容液の正しい使い方

IMG_0181
1.直径2cm程度のCセラムを手のひらにとります。
ケチな私でも2cmぐらい使ってます。思ったような量を出すのが難しくて。伸びがいいので、小顔の方や乾燥肌の方も、少なめでOKです。

2.両手に軽く広げ、顔全体を包むようにやさしくなじませます。
じんわり温かくなります。レモンやオレンジのような爽やかな香りで、顔全体が温まるから、顔面がホットレモンのような状態になります。

3.口元、鼻まわりなどの細かい部分は中指と薬指で押さえるようになじませます。
あくまでも軽く、やさしく、力を入れずに。

4.最後に手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸いつくようになるまで、やさしく押さえます。
ちょっと時間はかかるけど効果は絶大なので、毛穴消えて~とか、弾力よみがえれ~とか唱えながら、しっかり押さえましょう。

最後に一言おすすめポイント

Cセラムは、香りが柑橘系で美味しそうですが、味は美味しくありません(笑)

今回はエイジングケアラインでのご紹介ですが、ニキビケア、毛穴ケアにも採用されている、大変優秀な美容液なんです。特に、肌に透明感が欲しい方には必須ですよ。

自分だけエイジングケア出来ればいいというのが本音だけど…
ここまで読んでくれて、ありがとう!ぜひ、Cセラムの美肌効果を実感してくださいね。

ビーグレンのエイジングケアの購入はこちら

お得なお試しセットで、あなたも体験してみて!

エイジングケア トライアルセット


PAGE TOP